エグザイル/絆

2006年の香港映画。ジョニー・トー監督作品。アンソニー・ウォン主演。

1999年、中国返還前のマカオ。マフィアのボス、フェイの暗殺に失敗したウー。
彼の家に4人の男が集まってきた。ウーの命を狙うブレイズとファット、守ろうとするタイとキャットだ。

ウーを含め、この5人はかつて仲間だった。しかし、対立する事になってしまい、4人は銃撃戦を繰り広げる。そこにウーが帰ってくる。こうして5人の戦いが始まる……。

どうにも邦題がひねりがきいておらず、わかりにくいのが難点だが、非常に良い映画。
とはいえ、ストーリー自体は無いに等しい。5人の男がひたすら銃撃戦をする映画。これが一番本作を表現すると思う。

しかし、ただのどんぱち映画じゃない。それぞれ苦しい立場にあり、でも一番大切なのは仲間であり、己の信条と仲間の為に戦うという哀愁漂う作品になっている。

また、本作の見所としては銃撃戦の描写だろう。スローモーションや特殊なアングルからの撮影に拘り、ラストの銃撃戦では非常に見ごたえのある場面に仕上がっている。

本作の良さは見ないとわからないだろうが、是非一度見て欲しい。アメリカンニューシネマ的な作品。
福岡市 車査定