女子大いのちと指南(とぼく)のありがちな

ある日の昼過ぎ、僕は旦那と二人で喫茶店でお茶をしていた。つい目を上げれば、旦那がぼうっと僕を見つめている状況に気付いた。
「……ん?どうしたの?」
「いや、なんでも無いよ」
そんなふうに言って笑う旦那。何。
――私の名は沙依(さより)。今の旦那と付き合い始めて相当立つ○教え子。今の旦那はびいきだけど、どっか魅力に欠ける自分だった。端的に言えば、物足りないのかもしれない。でも離れるのもビビッし、原因を続けている。
はぁ。何を話そう。
「やあ、沙依様」
「あ、師範。ようこそ」
そこにやってきたのは学園の指南だった。彼女よりも丈が激しく、ガッツリした筋肉質な見かけの旦那。彼女が草食間柄なら指南は肉食間柄。何一つ正反対のメンズだった。
「えと、ごめんね。僕、指南と学園の事で話があるから……」
「え、あ、はい。じゃあまた今度……」
そんなに告げて彼女と離れた僕。
そして僕は旦那に……指南に抱かれる。口をふさがれ、舌を絡められ、胸を揉まれ……、泣きじゃくりながら止めてほしいと懇願する僕。
でも指南がやめて受け取る筈も無く、僕はあれ以来、日々抱かれるようになる。彼女がいるのに……けど、いつのまにかそれがナチュラル眺めになっていって……
図書作品はメンズ専門品物で、家内が指南にエッチされまくって仕舞うお伝え。
チンジャオ娘さんの品物ですね。
寝取られタイプの図書作品は、ヒーローと指南、家内の三自分が主なキャラクター。華奢でか細いサイズをした女児・沙依。
たいていこんな旦那が指南に押し倒されても、旦那の器量の前に太刀打ちできるはずがないのは明らかですが、喚きながらもキスされ、インサートされ、旦那のタイプにされてしまう。
彼女がいるのにも関わらず、日々エッチしまくって仕舞う両人。でも指南の逞しい体に抱かれ、巨大ペニ○で貫かれる状況に段々女性としての果報を見出して仕舞う沙依。
彼女が良いのか、指南が良いのかなんて図る残余も無く、指南に抱かれめくり、徐々に彼女よりも旦那を……――
モデルでも指南とのエッチ際は見られますが、熱狂できるのワンポイント。何ていうんだろう。沙依と指南のボリューム差が凄い、美少女と野獣のような組み合わせなのが熱狂を高めているのかもしれませんね。
図書作品はHANDY COMICで送達当事者。少ない品物なのでさくさく読めるし、外でも読みやすいかと思います。全編精一杯彩りで、役割の値段も安っぽいのが魅力的ですっ!
これは善悪一度、モデルを読んで下さい!後悔しないデキですよ!送達中にできるだけ!
千葉市の不倫調査